恐ろしい話‥‥

恐ろしい話を、三つほど‥‥

 

①一緒に学校にいくはずだった娘の猛ダッシュ。一瞬でまかれて、一人でトボトボ行きました。

 

②水の入っていないカラの水入れで、1分以上筆を洗っていたこと。気づいてゾッとしました。

 

③木村カエラの切抜き持参で、美容院にいき、髪を切ってもらいました。

 その日の夜、家でダンナに言われたこと。「まんま、安藤忠雄やん」

 

 

秋は‥‥

HBギャラリーで開かれている、水沢そらさんの『残響するホウフン』展のオープニングパーティーに行ってきました。

新作が目白押しですっごく良かったです。そらさんのイラストレーションは、外国の方が描かれるような不思議な魅力があります。爽やかで、それでいて怪しくて‥‥ああ素敵!帰りにアメリカンな握手をしてもらいました。ラップの人がするようなやつです。

 

その翌日、京都造形大学外苑で開催されている、アートブックフェアに行きました。知り合いが北欧のアーティストの映画を上映するということで行ったのですが、MJ関係の知り合いが沢山出店していて、いい感動を覚えました。一日で見て回れないくらいのジーンや写真集が画集なんかが、ドッサリありました。宇宙の写真集と、点描の画集を買いました。普通に買うより、安く買えて良かった~。

 

秋は展示会の季節なんでしょうか?今わたくし、頭がグルグルして変な感じです。ビッグバンがおこりそうな予感です。

 

最新の絵

今日、ストライプの絵を描きました。ストライプって絵ですか?

 

おととい、TISのオープニングパーティーに行きました。豪華な顔触れの、垢ぬけたイラストレーションが、ドッサリ展示されていました。もちろん、安西水丸さんは不在。なんだかポッカリ穴があいたようで寂しかったです。きっとお仲間であるイラストレーターさん方は、もっともっと寂しかったと思います。

 

個人的に印象に残ったのは、ささめやゆきさんの茶色い絵です。ささめやさんの絵は、とてもお洒落だと思います。フランスで暮らしていた影響でしょうか、とてもフランス的だと感じました。

 

どさくさに紛れて、峰岸先生から名刺を貰いました。いや、猿のように奪いとった‥‥。とても嬉しかったです。

奇妙なクッキー


無性にクッキーが食べたくなって、娘と一緒にこさえました。

手作りクッキーって、素朴な味がして美味しいですよね。ケーキは売ってる物の方が好きですが、クッキーは自分で作った方が好きです。焼きあがったはしから、むさぼり食べる幸せ。レシピは電子レンジにくっついてきた冊子。これ以上ない、というくらいシンプルな製法です。

 

星型の方は、たむらしげる的で素敵だと思います。

 

装画の課題

MJの授業で、川上弘美さんの装画を描きました。

前回が本の中身の挿絵で、今回は本の表紙というわけです。こういう本にまつわる授業が大好きです。私は何が描きたいという明確なビジョンがないので、何か主題があるとやりやすいです。どっぷりつかって、なりきって絵を描くのは、俳優の仕事に似ているのではないかな~なんて思います。