旅~トラベル~

透明なもの

透明なものが好きです。

科学館やショッピングモールに行くと、まず石をみます。楽しいです。

再び‥‥

図書館の友だちと、仕事終了後に竹橋に走りました。再び『奈良原一高~王国~』展に行くためです。


いや~何度観ても素敵。なんだこの沁みる感じは。今回はキチンと図録も購入しました。図書館でも奈良原さんの写真集を数冊借りているので、しばらく奈良原漬けになりそうです。


この題材となった北海道の修道院は、私の郷里の大分にも支部があるそうです。で、私、そこに行ったことがありました。父親とトラピストクッキーを買いに行ったのです。まさかあの流れを汲んだ修道院だったとは‥‥。めぐり合わせとは恐ろしい。物々しくて怪しくて静かな場所でした。クッキーの感がクールで格好良かったのを覚えています。

修道院など

竹橋に『奈良原一高(ナラハライッコウ)~王国~』を見に行きました。


北海道の修道院や、女性刑務所など、閉鎖された世界の作品展でした。写真がとにかくアーティスティックで、美しかったです。この世界の人々は日本人なのに、外国の修道士の格好と、生活をしています。おしゃべりは基本的に厳禁で、おもに手真似でなされるそうです。この写真の目を押さえるポーズは『夜』という意味だそう。素敵だ~。なにがあってここに入ってきたのか分かりませんが、ここでこの人たちが生きたのは本当で‥‥。表情からは何もくみとれず、私たちの判断に委ねられるという感じで‥‥。


この展示会、もう一回行ってみよう思います。

フランスという国

文化村でやっている『夢見るフランス絵画』展に行ってきました。


モディリアーニ、モネ、ルノアール、セザンヌ、ルオー‥‥名だたる巨匠のオンパレードでした。モディリアー二の泣いてるような、微笑んでいるような女が、刺さりました。モディリアーには、内面まで描き出す天才だと思います。モディリアー二の描いたこどもの絵なんて、涙が出るくらい無垢す。嫌な奴を描かせたら、本当に嫌な風に描きますし(笑)。正直な人なんでしょうね。


今回、ヴラマンクという画家の絵を初めて観ました。この人の描いた森の、怪しいこと、寂しいこと。それでいて、目が離せないくらい魅力的なのです。この森の前で、釘づけになるお客が続出。これはもうしょうがないことだと思います。本能レベルで引き寄せられてしまうのですから。


ローランサン、ボナールの絵も観れてラッキーでした。フランスという国は、とんでもない国ですね。

久々の課題

むむむ、ジンドゥーの入力の表示が変わっている!なんとまあ。


昨日、秋休み明けのMJに行きました。今回の課題は『秋』。テーブルに小さな秋が、ドドドっと並びました。秋はいいですね~。次回の課題は『旅』です。どんなのにしようかな。


授業終了後に行った、世界の山ちゃんのカウンターで無料で引けるおみくじがあります。山ちゃんの時は必ず引くのですが、今回は大吉でした~。わ~パチパチ。



春のジャズライブ

妹が来年の春に、ジャズのライブをします。マリンバ・ビブラフォンで、皆様をおもてなしします。

とても気合いを入れております。豪華なゲストもきます。一緒に見に行きましょう~!!

 

ちなみに、イラストとデザインは私が担当しました。チケットも並行して作っています。ライブ終了後も、しおりとして使ってくれるといいな~、なんて夢見ています。